社会貢献活動

 
社会貢献活動

ロクシタンはさまざまな取り組みをさらに進めるため、2006年にロクシタン ファウンデーション(基金)を設立しています。基金では年間の予算をおよそ100万ユーロに設定した上で、「世界中の視覚障がい者の支援」と「女性の自立支援」という主に2つの領域で支援を実施しています。 ロクシタンの従業員は、基金がサポートするプロジェクトのほか、2011年の東日本大震...
 
経済的な自立

25年以上にわたって、ロクシタンはブルキナファソで生産されるシアバターを製品に使用しています。このパートナーシップを強化するため、ロクシタン ファウンデーション(基金)はリテラシープログラムの提供や企業家精神に基づくプロジェクトを実施することで、現地の女性の経済的な自立を支援しています。このプログラムを通じて、これまでに12,000人のブルキナファソの女性...
 
視覚障がい者の支援

「感覚」を大切にするブランドとして、ロクシタンは視覚障がい者のサポートに向けて、ほとんどの製品パッケージに点字を採用しています。ロクシタン基金ではさらに一歩踏み込み、視覚障がい者の職業訓練プログラムを支援しているほか、発展途上国の予防可能な失明の撲滅に取り組んでいます。このプログラムを通じて、これまでに150万人の人々に眼科医療を提供しています。 ロ...
 
ロクシタンの従業員

設立以来、ロクシタン ファウンデーション(基金)のプロジェクトにはロクシタンの従業員も参加しています。基金の取り組みを通じ、たとえばフランスの従業員グループは、ブルキナファソの女性にソープ作りのトレーニングを行っています。 ロクシタン ファウンデーション(基金)の使命達成に向け、世界中のロクシタンの従業員がそれぞれの地域の視覚障がい者のための活動に参...
 
現地のプロジェクト

ロクシタンの取り組みの中核として重視されるのはリスペクト(尊敬)、オーセンティシティ(信憑性)、そしてセンソリアリティ(感覚)です。自然の保護や地域での心地よい暮らしを切望するロクシタンは、現地や地域のパートナーシップのもとで文化的な取り組みにも力を注いでいます。 現地のパートナーおよびスポンサーシップ >