ヴァーベナ

恋の力を目覚めさせるフレッシュな香り。
誰もがたちまち恋をする、恋を呼ぶハーブ、ヴァーベナ。
レモンに似た清涼感あふれる柑橘系の香りは
男女ともに愛されるユニセックスラインです。

関連コラムはこちら。
•「ヴァーベナ」ってどんなハーブ?香り?
•虫が嫌いな香りがするアロマオイルやハーブって知っていますか?
•虫が嫌いな香りのハーブとして話題の「シトロネラ」とは
•つける場所で変わる?~フレグランス(香水)で作る香りの印象~
•美しい手をキープするためのハンドケア方法
•「手肌美人のハンドクリーム」使い方ポイント集
•顔だけじゃなく体も?ボディの乾燥肌はどう対策する?
•リッチなバスタイムのお供に。シャワージェルの使い方って?

ギフトに最適な製品をご覧いただけます。
•ロクシタンのギフト・プレゼント特集ページ

True Story of Verbena

魔女が恋ぐすりに入れていたと伝えられる「魔法のハーブ」
地中海沿岸で古くから自生し、栽培もされてきたヴァーべナ。魔女が恋の媚薬に入れて、思いを寄せる人の気を引いたという言い伝えから、「恋を呼ぶハーブ」とも呼ばれています。香りはレモンを思わせるようなフレッシュな柑橘系。心と体を涼やかにし、日々のストレスを和らげたいときにピッタリです。

プロヴァンスで栽培されたピュアで上質なオーガニック ヴァーペナ

ヴァーベナの香調イメージ width=

ヴァーベナの香調

魔法使いの植物として知られるヴァーベナは、これまでコルシカ島で栽培されたオーガニック ヴァーベナが使われてきました。ロクシタンは、ヴァーベナ レンジに新たなる息吹を吹き込むため、コルシカ島からプロヴァンスでのオーガニック ヴァーベナの栽培を考え始めました。すでにドローム地方でワインやラベンダーの栽培をしていたレミー・マルジェラは、ロクシタンの素材に対するリスペクトの姿勢を知り、プロヴァンスの地に移り住み、ロクシタンと共に、オーガニック ヴァーベナの栽培を始めました。透き通った空気と強い風、そして肥沃な土。さらに、レミー・マルジェラの愛情たっぷりの水やり、雑草取りにより、ピュアで上質なオーガニック ヴァーベナが採れるようになりました。

[ 香調:ピュア シトラス ]
[ 香りの印象 ]
◆ヘッドノート
レモン
オレンジ
◆ハートノート
フレッシュ ヴァーベナ
プチグレイン
◆ベースノート
ローズ
ゼラニウム
並び替え

コラム 最新記事

メイド・イン・プロヴァンスのギフトアイディア ロクシタンのウィッシュリスト

メイド・イン・プロヴァンスのギフトアイディア ロクシタンのウィッシュリスト

記念日のお祝い、送別のプレゼント、あるいは新築祝い…。ロクシタンではメイド・イン・プロヴァンスのギフトを集めた素敵なウィッシュリストを作ってみました。どんな機会でも相手の方に喜んでいただける品々です。
プロヴァンス地方における ヴァーベナの有機栽培

プロヴァンス地方における ヴァーベナの有機栽培

レミ・マルジエラさんが有機栽培するヴァーベナ。ロクシタン初となる有機栽培ヴァーベナの蒸留を昨年9月ヴィザンで取材しました。特別な感動体験。
六角形のサブレ

六角形のサブレ

マノスクにあるレストラン「ル・ボヌール・フー」のシェフ、ダヴィッド・アルコスさんが教えてくれるプロヴァンス風クリスマスディナーをご紹介!