レーヌブランシュ

レーヌデプレは、背の高い、凛としたたたずまい、他の草花を見下ろすような気品、そして純白で繊細な花をつけることから草原の女王と親しみを持って呼ばれています。 日射しが少しづつ眩しくなる初夏、ほんの数日の間にレーヌデプレのクリーム色の花は、光を浴びるほど、透きとおるような輝きを持つ純白に変わり、その輝きを日々増していきます。

そのため、プロヴァンスでは、レーヌデプレは、古くからブライダル フラワーとして愛され、美しさと純粋さのシンボルとされてきました。

関連コラムはこちら。
•年齢に関係なく適応される、美肌をキープするのための「黄金ルール」
•美肌づくりに大切な「SPF」って?
•賢く選んで! 肌にあった日焼け止めの選び方
•UVケア 夏の紫外線から肌をプロテクト

ギフトに最適なスキンケア製品をご覧いただけます。
•ロクシタンのギフト・プレゼント特集ページ

True Story of Reine Blanche

レーヌブランシュイメージ 光を浴びるほど、白く澄む花から。
レーヌデプレ

レーヌデプレの純白の花びらには、驚くべき力が秘められています。花びらの色が、白い光を放ちはじめると、フラボノイドが刻々と増えるのです。また、その花にふんだんに含まれる天然のサリチル酸は、穏やかに作用します。フランスの伝統的な療法に使われてきました。


ロクシタンは、プロヴァンスに生息する様々な植物の研究を経て、プロヴァンスのドローム地方の標高1000メートルの澄んだ空気とアルプスの清らかな水の恵みの中で開花するオーガニック レーヌデプレには、輝きに満ちた肌へと導く、他では見ることのできない程の自然の植物の力があることを発見しました。


レーヌデプレは、貴重な大地からの恵み

オーガニック レーヌデプレの専属ピッカー、ジャン・ピエール・パヴィエ氏の協力のもと、レーヌデプレの繊細な花びらが白い光を最高潮に放つほんのわずかな時に、フレッシュな甘い香りと共に、丁寧にハンドピックされた花をたっぷりと配合したレーヌブランシュ。プロヴァンスの自然の植物の無限大のパワーがもたらす、次世代の薬用美白誕生です。


太陽で純白に輝く花、レーヌデプレ。
レーヌブランシュコンプレックスで
“メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぎ、清く、美しく”


*1:シモツケソウエキス(スキンコンディショニング成分)*2:クワエキス(スキンコンディショニング成分)*3:L-アスコルビン酸 2-グルコシド(美白有効成分)

並び替え