オーガニックのケード

 
オーガニックのケード

ケード(野生のジュニパー)はプロヴァンスの低木地で成長します。かつてはケードの木の蒸留方法を知っていた羊飼いが、寒い乾燥した冬に顔や手を保護するためにその貴重なオイルを使っていました。野生のジュニパーの枝を切ると、保護と補強の効果を持つ濃密なオイルがにじみ出ます。このオイルは動物にも使われていました。ケードの木の蒸留は羊や山羊の飼育につきものだったのです。...
 
トレーサビリティ

ロクシタンは、アルプ=ド=オート=プロヴァンス県のル・シャフォー村に近い多くの場所で収穫されるケードを調達しています。幹は小さなチップに細断されてから蒸留され、エコサートのオーガニック認証を取得したエッセンシャルオイルが生成されます。 ケードの木に魅了されたベテランのジーン=ルイス・デルフォー氏は、アルプ=ド=オート=プロヴァンス県を歩き回りながら、低木...
 
ご存じでしたか?

ケードの木の収穫は、プロヴァンスの低木地の保護と維持に役立ちます。ケードは成長の早い低木のため、他の植物にとって有害になる場合もあります。