質の高い睡眠をとる方法

忙しかった日やストレスを多く感じた日に、寝つきが悪いと感じた経験はありませんか?良質で十分な睡眠を取れていない人の割合は、世界人口の約40%にものぼり、その数は増え続けています。質の高い睡眠をとり、体の疲労をしっかり回復させるにはどうすれば良いのでしょうか。
ここでは、睡眠の質を上げるために、おやすみ前や日中にできる簡単な方法をご紹介します。
毎朝の目覚めをスッキリさせましょう!

植物のパワーをあなたの味方に

バランスを整える


植物は心身を整えるのに役立つ特性を持っています。ラベンダー、ベルガモット、マンダリン、スウィートオレンジ、ゼラニウムには、心と体を落ち着かせ、リラックスさせる効果があります。

香りが心理面や行動に及ぼす作用を調査した研究により、植物のパワーが人間の感情に作用することが明らかになりました。


植物のパワーをあなたの味方に

良質な睡眠をとるための10の方法

1日を通して、穏やかで健康な心と体を手に入れましょう。


1.  毎日の起床時間と就寝時間を一定にしましょう。

2.  ガーデニングやヨガ、スイミングといった、バランスの良いエクササイズを習慣的に行いましょう。

3.  瞑想を5~10分行い、心を落ち着かせます。日中でも就寝前でもOK。

4.  1日の終わりにシャワーか入浴を。筋肉がほぐれ、ストレス解消につながります。

5.  食事は腹八分目に。夕食にスパイシーなものは避けましょう。

6.  夜に日記をつける習慣をつけましょう。心配事などを書き綴り、心をすっきりと。

7.  手、足、首まわりを優しくマッサージして、緊張を解きほぐしましょう。

8.  寝る前にお気に入りの小説や詩集を開き、特に好きな箇所を読みましょう。心が落ち着きます。

9.  枕にエッセンシャルオイルを吹きかけ、心を穏やかにさせましょう。

10. 就寝前のルーティーンを作成しましょう。呼吸エクササイズを行ったり、心を落ち着かせる音楽を聴く、自分が心地よいと思うことを実践しましょう。続けることでそのルーティーンが眠りに就くシグナルだと、体が認識するようになるでしょう。

良質な睡眠をとるための10の方法

ベッドルームを快適に


就寝時、目を閉じる前に見る最後の場所はベッドルームです。

デコレーション、アート、家具に統一性と安らぎがある部屋は、眠りにつきやすいものです。不要な家具やガラクタを取り除き、眠りにふさわしい部屋に整えましょう。


寝具やデコレーションには、温かみと安らぎをもたらす色を選ぶのがグッド。やわらかな色合いの「黄色」「ピーチ色」「緑」「ブルー」に、「ニュートラルカラー」を合わせるのがおすすめです。

もちろん、寝具が快適であることも忘れてはいけません。心地よい寝具が揃っていると、ベッドに滑り込みたくなるものです。


穏やかな眠りのためには、照明をはじめ、TVや電化製品のノイズを取り除き、室温を18度〜22度くらいに保ちましょう。また、ベッドサイドサーブルにドライラベンダーのサシェを置いておくのも、心を落ち着かせるのに効果的です。

ベッドルームを快適に

就寝時はアロマでリラックス

南仏流、おやすみ前の秘密のルーティーン


1日の終わりは、プロヴァンスから届いた下記の製品でゆったりした時間を。


プロヴァンスアロマ リラクシング ピローミスト: ラベンダー、ベルガモット、マンダリン、スウィートオレンジ、ゼラニウムのエッセンシャルオイルをブレンドしたミスト。枕にシュッと吹きかけて、緊張した心を解きほぐします。


プロヴァンスアロマ リラクシング マッサージオイル: プロヴァンスのスウィートアーモンドから抽出したオイルで、ボディを優しくケア。



> リラクシング製品一覧を見る
就寝時はアロマでリラックス

美への一歩は睡眠から


睡眠が明日の美しさを作り出します。良質の睡眠は、小ジワや吹き出物予防に役立つ抗酸化作用ホルモン「メラトニン」を増やすと同時に、ストレスホルモンと呼ばれ皮膚が薄くなる原因ともなる「コルチゾール」を抑制します。睡眠中は、コラーゲン産生細胞が生まれ変わり、肌のハリと弾力がアップ。睡眠による美容効果をさらに高めるには、夜寝る前に、クリームやヘアオイルなどを使うと、翌朝まで肌やヘアに程よい潤いを保つことができます。


イモーテル プレシューズクリーム:おやすみ前の使用で、翌朝にはふっくらなめらかな肌に。


シア ハンドクリーム & シア フットクリーム:脂肪分やビタミン類を豊富に含むシアバター配合のクリームが、手と足に潤いを与えます。ベタつかず、素早く肌に浸透します。


ファイブハーブス リペアリングヘアオイル:髪の乾燥やダメージを補修し、さらツヤく髪へと導くヘアオイル。おやすみ前に数滴を髪に浸透させます。


> スキンケア製品一覧を見る
美への一歩は睡眠から
呼吸エクササイズ

呼吸エクササイズ


ベッドに入る前に、深い呼吸のエクササイズで緊張を解きほぐし、心に静けさを取り戻しましょう。


1. ベッドの上に仰向けで横たわります。自分が心地よいポジションを見つけましょう。

2. 右足に意識を向け、ベッドに右足の体重すべてをかけます。その後、左足に意識を向け、左足の体重すべてをベッドにかけます。次に両腕、胸、頭も同様にその重さや緊張をすべてベッドに沈めるようなイメージに。

3. 深く息を吸い、お腹を大きく膨らませます。そこで数秒間息を止めてホールドします。

4. ゆっくりと息を吐きます。肺の中にあった空気がカラになるのを感じます。

5. この呼吸を繰り返します。ゆっくりと長く、そしてリズミカルな呼吸を意識しましょう。

6. 自分の呼吸を体のどの部分で感じているのか、意識を集中させましょう。

7. 眠りに落ちるまで続けます。

簡単!セルフ・フットマッサージ

簡単!セルフ・フットマッサージ

足のマッサージは、体全体をリラックスさせるのに効果的です。


1. 入浴後等にフットクリームを適量つま先から足首にかけてマッサージするように塗ってなじませます。

2. 手の指を使って、足首からつま先、足の裏までマッサージします。つま先の指は軽く引っ張るようにします。


「シア フットクリーム」お客様の感想

“使い続けるうちに、毎冬、あんなにガサガサだった踵がしっとりキレイになりました。毎夜、お手入れするのが楽しみです。”

> シア フットクリームを見る
どうしても眠れないときは・・・

どうしても眠れないときは・・・


1. 眠れないことに対して、頭の中で気にするのはやめましょう。トラブルを招くだけです。そのかわりに瞑想をし、吸う息と吐く息に意識を向けましょう。頭に何か考え事が浮かんだときは、あなたの意識が呼吸からそれているということに、気づきましょう。「考えている」という状態に気づいたら、それをジャッジしたり咎めたりせず、呼吸へ意識をもどしましょう。


2. それでも眠れないときは、起きてしまいましょう。ベッドは眠る場所であり、イライラする場所ではありません。ソファに丸くなって座り、心地よい音楽を聴いたりノンカフェインのお茶を飲むなどしてリラックスしましょう。眠くなったら、ベッドに戻りましょう。


3. 足を冷やさないように注意しましょう。冷たかったら心地よいソックスを履きます。血流が先端に行き渡り、眠りにつきやすくなります。

体の芯からぽかぽかに
「温活」のすすめ

冬だけに限らず1年を通して冷え性に悩む女性は多いものです。
体の冷えを放置してしまうと血行不良が起こって肌トラブルや肩こり、便秘、睡眠不足など美容や健康に大きなダメージを及ぼします。
そんな女性にとって大敵ともいえる体の冷えを解消するためには、日々の生活の中で“温活”を取り入れるのがおすすめです。
温活はちょっとした意識の改善や、普段の生活にひと手間プラスするだけで誰でも気軽に始めることができます。
体を芯からぽかぽかと温めてくれる“温活”の方法をご紹介いたします。
続きを読む

恋の季節到来。
彼氏が喜ぶプレゼントって?

恋する季節バレンタイン。
毎年、恒例行事のように仲良く過ごしているカップル、今年一緒にバレンタインを迎えるのが初めてのカップルなど、恋人たちの数だけバレンタインのカタチも変わるものです。
女性から意中の男性へチョコレートを贈るのが日本では一般的とされていますが、中には甘いものが苦手な男性もいるでしょう。
また、「甘くおいしいチョコレートと一緒に、別のプレゼントも渡したい」と考えている女性も多いはず。
そこで今回は、愛する彼へ贈りたいロクシタンの優しさがたっぷり詰まった、バレンタインにぴったりのメンズギフトをご紹介いたします。
続きを読む

足元からポカポカに
「足湯」でリラックスタイムを

寒い冬の夜には、お風呂に入って体をじんわりと温めるのが理想ですが、忙しかったり疲れていたりすると、どうしてもお風呂を沸かすのが面倒になってしまうこともあります。
しかし、体を温めないと全身に寒気を感じたり、ベッドに入ってもなかなか寝付けないということもあるでしょう。
そこでおすすめなのが、少量のお湯と洗面器さえ用意すればできてしまう「足湯」です。
足を温めるだけなのでとても手軽にできるのに、終わったあとは体の内側から温まっているように全身がポカポカに。
冬の夜には足湯を取り入れて、明日の活力と美しさにつなげていきましょう。
続きを読む