虫が嫌いな香りがする
アロマオイルやハーブとは?

アロマオイルと聞くと、リフレッシュやリラックスしたいときに使うものというイメージを抱く方が多いと思います。お湯に垂らして香りを楽しんだり、直接肌に塗ってマッサージをしたりとその使い方は様々です。

そして、そのアロマオイルに虫が嫌な香りがするものがあることをご存知でしょうか。
アロマオイルの良い香りに包まれ、快適にアウトドアやレジャーが楽しめたら嬉しいですよね。

そこで今回は「虫の嫌いな香りのアロマオイル」と「その使い方」をご紹介いたします。
> ヴァーベナ製品一覧を見る

虫の嫌いな香りのアロマオイルとは?


虫が嫌いな香りのアロマオイルは、甘いフローラル系の香りではなく、ハーブ系や柑橘系のスッキリとした香りのもの。私たち人間には良い香りですが、虫たちにとっては嫌な香りなのです。

代表的なものは以下の5つです。


・シトロネラ

・ラベンダー

・ゼラニウム

・レモンユーカリ

・レモングラス


ぜひご自分のお好きなオイルをチョイスしてみては。

何種類かのアロマオイルをあわせて使うこともできるので、お好きな香りをブレンドすることもできますよ。

中でもシトロネラは今注目のハーブで爽やかな香りで人気があります。スッキリとした香りのアロマオイルは、小さい子どもからお年寄りまで好き嫌いがあまりないところも魅力です。

虫の嫌いな香りのアロマオイルとは?



アウトドアやレジャー、お部屋での使い方は?

自分でスプレーを作る

スプレーの容器を用意して、上記であげた虫が嫌いな香りのアロマオイルと精製水、無水エタノールを混ぜるだけで簡単にアウトドアスプレーを自分で作ることができます。衣服の上から直接吹きかけたり、窓辺や部屋に吹きかけたりすることで効果が発揮されます。


タオルに数滴垂らして窓辺に置いておく

タオルやガーゼなどにエッセンシャルオイルを数滴垂らし、窓辺に引っ掛けたり置いておいたりすると、アロマオイルの香りとともに快適な空間に。 とても手軽な方法ですので、誰でも簡単に試しやすいのも魅力です。


お湯をはったマグカップに垂らす

洗面器やマグカップにお湯を注いで、その中にアロマオイルを数滴垂らすと立ち上がる湯気とともに香りが立って部屋をいい香りに包んでくれます。 優しく香らせることができるので、アロマテラピーを受けているようなリラックス感も得られます。


虫の嫌いなアロマの嬉しいポイント


アロマオイルを使った虫除けの雑貨は、体に優しいというのが一番の嬉しいポイントです。

小さいお子さんがいる方や、自然なものにこだわりたい方にはピッタリなのです。


また、乾燥させたハーブもエッセンシャルオイルと同じく虫が嫌いな香りがします。「ラベンダー」などのドライフラワーや「ローズマリー」を窓辺に置いたり、小袋に入れて部屋にサシェのようにして飾るだけでOKです。


野外ではもちろん、時に家の中にまで入ってきて私たちを煩わせる虫。アロマを使えば、楽しみながら快適にこれからの季節を楽しむことができます。ぜひ、アロマ・ハーブを活用してみてください。


> ヴァーベナ アウトドアミストを見る
虫の嫌いなアロマの嬉しいポイント
「ヴァーベナガーデン コンプリートE」お客様の感想

「ヴァーベナガーデン コンプリートE」お客様の感想


“ミスト&ブレスは、犬の散歩に使ってます!すごくいい!日焼け止めとアイスハンドクリームは主人が使ってますが外で運動したり、と、汗をいっぱいかくので日焼け止めがいい香りなので汗臭く感じないところが良いです。”

> ヴァーベナガーデン コンプリートEを見る
「ヴァーベナ アウトドアミスト リストバンドセット」お客様の感想

「ヴァーベナ アウトドアミスト リストバンドセット」お客様の感想


“窓開けて寝る前や、夜の体育館での練習時に付けてます。イヤな香りじゃないので、邪魔になりませんし、今のところ蚊にもさされずです。”


“外出や庭の手入れの折に使っています。さわやかな香りの上効果もありそうで、この夏重宝しています。”


“すっきり、さわやかな香り。仕事終わりにリフレッシュに使ってます。”


> ヴァーベナ アウトドアミスト リストバンドセットを見る
「ヴァーベナガーデン フレッシュトリオE」お客様の感想

「ヴァーベナガーデン フレッシュトリオE」お客様の感想


“お友達への誕生日プレゼント とても気に入ってくれたようです。”

> ヴァーベナガーデン フレッシュトリオEを見る

夏の手肌を守る「夏×ハンドクリーム」の重要性

湿度も高く、汗もかきやすく乾燥とは無縁と思いがちな夏。でも、紫外線や冷房による乾燥など、手肌にダメージを与えることが多いのも事実です。夏と言えども、空調の完備されたオフィスなどでは、手荒れやカサつきを感じてしまったり、保湿ケアが欠かせません。
夏の厳しい環境から手肌を守るためには、丁寧でこまめなケアに気を配りましょう。
うるおいが欲しいとき、リフレッシュしたいときにいつでもサッとハンドクリームを取り出せるように、バッグやポーチにいつもハンドクリームをしのばせておきましょう。
夏のハンドケアの重要性や具体的なケア方法についてご紹介いたします。
続きを読む

ダメージヘア卒業!カラーリングヘアを守るケア術

髪の色は、髪型とともに、その人の雰囲気を左右する大切な要素。シーズンに合わせて明るいカラーにしたり、気分転換にダークカラーにしたり。トレンドに敏感な人は、男女問わずファッションの一部としてヘアカラーまでトータルで考えているはず。
サロン以外でも、気軽にカラーリングはできるので、つい楽しんでしまいがちなヘアカラーですが、髪へのダメージはそのたびに蓄積しています。
せっかくカラーリングでイメージチェンジをしてみても、痛んだ髪の状態では魅力は半減してしまいます。
美しい髪を守るためにも、自宅でできる日頃のヘアケアはとても大切です。カラーリング後のヘアケアが必要な理由と方法について学んでいきましょう。
続きを読む

トラブルになる前に!
Tゾーンの角質ケアを

Tゾーンは皮脂の分泌が多く、テカリや毛穴の開きが起きやすい部分です。
ここに角質が蓄積されてしまうと、毛穴詰まりや角栓の原因になってニキビや黒ずみができてしまうこともあります。
額や鼻は顔の中でも目立ちやすい部分です。いくら綺麗にファンデーションを塗ってメイクをしても、Tゾーンの毛穴が目立っていたりトラブルがあると、お手入れ不足な印象になってしまいます。
日々のスキンケアに角質のケアを取り入れ、透明感がありキメ細やかで陶器のような素肌を目指しましょう。
続きを読む