虫が嫌いな香りがする
アロマオイルやハーブとは?

アロマオイルと聞くと、リフレッシュやリラックスしたいときに使うものというイメージを抱く方が多いと思います。お湯に垂らして香りを楽しんだり、直接肌に塗ってマッサージをしたりとその使い方は様々です。

そして、そのアロマオイルに虫が嫌な香りがするものがあることをご存知でしょうか。
アロマオイルの良い香りに包まれ、快適にアウトドアやレジャーが楽しめたら嬉しいですよね。

そこで今回は「虫の嫌いな香りのアロマオイル」と「その使い方」をご紹介いたします。
> ヴァーベナ製品一覧を見る

虫の嫌いな香りのアロマオイルとは?


虫が嫌いな香りのアロマオイルは、甘いフローラル系の香りではなく、ハーブ系や柑橘系のスッキリとした香りのもの。私たち人間には良い香りですが、虫たちにとっては嫌な香りなのです。

代表的なものは以下の5つです。


・シトロネラ

・ラベンダー

・ゼラニウム

・レモンユーカリ

・レモングラス


ぜひご自分のお好きなオイルをチョイスしてみては。

何種類かのアロマオイルをあわせて使うこともできるので、お好きな香りをブレンドすることもできますよ。

中でもシトロネラは今注目のハーブで爽やかな香りで人気があります。スッキリとした香りのアロマオイルは、小さい子どもからお年寄りまで好き嫌いがあまりないところも魅力です。

虫の嫌いな香りのアロマオイルとは?



アウトドアやレジャー、お部屋での使い方は?

自分でスプレーを作る

スプレーの容器を用意して、上記であげた虫が嫌いな香りのアロマオイルと精製水、無水エタノールを混ぜるだけで簡単にアウトドアスプレーを自分で作ることができます。衣服の上から直接吹きかけたり、窓辺や部屋に吹きかけたりすることで効果が発揮されます。


タオルに数滴垂らして窓辺に置いておく

タオルやガーゼなどにエッセンシャルオイルを数滴垂らし、窓辺に引っ掛けたり置いておいたりすると、アロマオイルの香りとともに快適な空間に。 とても手軽な方法ですので、誰でも簡単に試しやすいのも魅力です。


お湯をはったマグカップに垂らす

洗面器やマグカップにお湯を注いで、その中にアロマオイルを数滴垂らすと立ち上がる湯気とともに香りが立って部屋をいい香りに包んでくれます。 優しく香らせることができるので、アロマテラピーを受けているようなリラックス感も得られます。


虫の嫌いなアロマの嬉しいポイント


アロマオイルを使った虫除けの雑貨は、体に優しいというのが一番の嬉しいポイントです。

小さいお子さんがいる方や、自然なものにこだわりたい方にはピッタリなのです。


また、乾燥させたハーブもエッセンシャルオイルと同じく虫が嫌いな香りがします。「ラベンダー」などのドライフラワーや「ローズマリー」を窓辺に置いたり、小袋に入れて部屋にサシェのようにして飾るだけでOKです。


野外ではもちろん、時に家の中にまで入ってきて私たちを煩わせる虫。アロマを使えば、楽しみながら快適にこれからの季節を楽しむことができます。ぜひ、アロマ・ハーブを活用してみてください。


> ヴァーベナ アウトドアミストを見る
虫の嫌いなアロマの嬉しいポイント
「ヴァーベナガーデン コンプリートE」お客様の感想

「ヴァーベナガーデン コンプリートE」お客様の感想


“ミスト&ブレスは、犬の散歩に使ってます!すごくいい!日焼け止めとアイスハンドクリームは主人が使ってますが外で運動したり、と、汗をいっぱいかくので日焼け止めがいい香りなので汗臭く感じないところが良いです。”

> ヴァーベナガーデン コンプリートEを見る
「ヴァーベナ アウトドアミスト リストバンドセット」お客様の感想

「ヴァーベナ アウトドアミスト リストバンドセット」お客様の感想


“窓開けて寝る前や、夜の体育館での練習時に付けてます。イヤな香りじゃないので、邪魔になりませんし、今のところ蚊にもさされずです。”


“外出や庭の手入れの折に使っています。さわやかな香りの上効果もありそうで、この夏重宝しています。”


“すっきり、さわやかな香り。仕事終わりにリフレッシュに使ってます。”


> ヴァーベナ アウトドアミスト リストバンドセットを見る
「ヴァーベナガーデン フレッシュトリオE」お客様の感想

「ヴァーベナガーデン フレッシュトリオE」お客様の感想


“お友達への誕生日プレゼント とても気に入ってくれたようです。”

> ヴァーベナガーデン フレッシュトリオEを見る

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む

夏前にチェック!
ガサガサかかとをケアする方法

目に入るたびに気になってはいても、つい見て見ぬふりをしてしまうのが、かかとのケア。
ガサガサ状態のかかとを靴下やストッキングでカバーして、どうにかやり過ごしているという方も多いでしょう。
しかし、これからやってくる夏の季節は素足になる機会も増えるもの。夏らしいオシャレな服に身を包み、素敵なサンダルやミュールで決めても、ガサガサかかとに気づかれてしまったら、ちょっと残念な印象に。
夏のオシャレを存分に楽しみ、女性らしさをキープするためにもガサガサかかとのケア方法をマスターしましょう。
続きを読む

「夏はむくみの季節」
理由と足ケア対策3つ

「夕方になると足がパンパンにむくんでいる」「帰宅時のヒールの靴が窮屈になる」こうした足のむくみに悩む女性は多いもの。
オフィスの空調が強かったり、冷たい物を摂取する機会も多く、体が冷えやすい夏は、むくみを起こしやすい環境でもあります。
むくみを放置してしまうとリンパ管などが圧迫されるため、体内の余分な水分や老廃物は排出されにくい状態に。すると、基礎代謝が低下してしまい、同時に脂肪細胞の燃焼もされにくくなるため、体内に溜まった水分や老廃物と結びつきやすくなります。
脂肪細胞と体内の水分や老廃物が結びつくと、頑固なセルライトが生まれてしまうため、一般に、むくみはセルライトの原因になると言われています。
その日のむくみは、その日のうちに解消しておきましょう。
続きを読む