肌にあった日焼け止めの賢い選び方

春の日差しはぽかぽかと心地よいですが、意外と紫外線が強いのが難点です。美容に気を遣っている女性ならば、今から紫外線対策に余念がないのではないでしょうか。
でも、お肌の弱い方などは日焼け止めを探すだけでも一苦労ですね。お肌に合うものがなかなか見つからず、毎年困っているという方も多いのでは?

日焼け止めを選ぶ際には、気をつけるべきポイントがいくつかあります。自分のお肌に合ったものを見つけるために、きちんと知っておきましょう。
> UVケア・下地・乳液製品一覧を見る

ポイント1:SPFは場合によって使い分ける


日焼け止めのパッケージに表示されている「SPF」は、紫外線を防ぐ効果の高さを示す数値です。こちらが高ければ高いほど紫外線予防効果も高いといえます。

長時間外出する際や外でのレジャーの際には、このSPF値が高いものがおすすめです。しっかりお肌をカバーして、強い日差しから守ってくれます。通勤やお買い物の時などのデイリー使いであれば、SPF20~30程度のものでも十分な効果が得られるので、ケースバイケースで使い分けるようにしましょう。


ポイント1:SPFは場合によって使い分ける

ポイント2:お肌に優しい成分のものを選ぶ


肌のためには日焼け止めに含まれる成分も大切なポイント。日焼け止めを選ぶ際には、必ず成分にまでこだわって選びましょう。

ハーブなどの植物由来成分を使ったものであれば、お肌に優しく自然の香りを楽しみながらUVカットができるので、日焼け止め特有のあのにおいが苦手な方にもおすすめですよ。

さらに、保湿効果のある成分を含む日焼け止めを選ぶようにすれば、紫外線をカットしながらお肌のうるおいもキープすることができます。


ポイント2:お肌に優しい成分のものを選ぶ

ポイント3:選ぶ時には必ず試し塗りをする


日焼け止めの成分にはさまざまなものがあります。しっかりこだわって選んだとしても、いざ使ってみたらお肌にあわなかった、ということも。たとえどんなにお肌に優しいものを選んだとしても、その日焼け止めが本当に自分の肌質に合っているのかは、実際に使ってみなければわからないものです。


お店の店頭で試し塗りをさせてもらうなど購入する前に試すことができるのが理想です。それが難しい場合には購入してから、本格的に使う前に目立たない部分に塗ってお肌に合っているか確認するようにしてくださいね。


ポイント3:選ぶ時には必ず試し塗りをする

レーヌブランシュ ブライトUVシールド SPF50/PA++++


すっとここちよくのび広がるテクスチャーで、うるおいをキープしながら紫外線から肌を守る美容UV乳液。

> レーヌブランシュ ブライトUVシールド SPF50/PA++++を見る
レーヌブランシュ ブライトUVシールド SPF50/PA++++

ヴァーベナ UVフレッシュ ボディローション SPF25/PA+++


ヴァーベナ待望のUV・保湿ケア。

初夏の強い紫外線を早めの対策で素肌みずみずしく。


> ヴァーベナ UVフレッシュボディローション SPF25/PA+++を見る
ヴァーベナ UVフレッシュ ボディローション SPF25/PA+++
「レーヌブランシュ ブライトUVシールド」お客様の感想

「レーヌブランシュ ブライトUVシールド」お客様の感想


“日焼け止めの特有な匂いもないところと、スルッと塗りやすいので気にいりました。つけた後も、ベタつきが少ないところもいいです!レーヌの化粧水をつけたあと、これ一本で済むのも、忙しい朝には大活躍です。これからも愛用していきたいです。”


“SPFとPAともに最高に値のものもは肌に負担になるのではと倦厭してきましたが、信頼あるロクシタンのものなので安心して使用してます。”

> レーヌブランシュ ブライトUVシールド SPF50/PA++++を見る
「ヴァーベナ UVフレッシュボディローション」お客様の感想

「ヴァーベナ UVフレッシュボディローション」お客様の感想


“炎天下のジム帰りに、ボディローションと日焼け止めを兼ねられるかな?と思って購入しましたが、これが大正解!さっぱり汗を流した後にヴァーベナの爽やかな香りに包まれ、しかも日焼け止めも塗ったことになるなんて! ロッカーに常備することとなりました。”


“日焼け止め特有のにおいが苦手で怠り気味だったサンケアも、この商品に出会えて、香りはもちろんのこと使用感、肌のコンディションも良い状態で日焼け防止ができるので気に入って使ってます。通年販売される事を希望します。”

> ヴァーベナ UVフレッシュボディローション SPF25/PA+++を見る
「レーヌブランシュ ブライトUVシールド」お客様の感想

「レーヌブランシュ ブライトUVシールド」お客様の感想


“今年の春に転勤になり自転車通勤となりました。今まで日焼け止めにあまり意識はしていなかったのですが、年齢的にも40過ぎ…こちらを使うことにしました。歩いて通っていた昨年でさえ日射しが強くなる頃にはファンデーションの色を変えなければいけなかったのに今年は全然変えることなく夏が過ぎそうです!”


“SPF50/PA++++に弾かれました。今年は ほんとに日焼けしらずで過ごせました。 紫外線気になる季節に復活予定です。”

> レーヌブランシュ ブライトUVシールド SPF50/PA++++を見る

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む

夏前にチェック!
ガサガサかかとをケアする方法

目に入るたびに気になってはいても、つい見て見ぬふりをしてしまうのが、かかとのケア。
ガサガサ状態のかかとを靴下やストッキングでカバーして、どうにかやり過ごしているという方も多いでしょう。
しかし、これからやってくる夏の季節は素足になる機会も増えるもの。夏らしいオシャレな服に身を包み、素敵なサンダルやミュールで決めても、ガサガサかかとに気づかれてしまったら、ちょっと残念な印象に。
夏のオシャレを存分に楽しみ、女性らしさをキープするためにもガサガサかかとのケア方法をマスターしましょう。
続きを読む

「夏はむくみの季節」
理由と足ケア対策3つ

「夕方になると足がパンパンにむくんでいる」「帰宅時のヒールの靴が窮屈になる」こうした足のむくみに悩む女性は多いもの。
オフィスの空調が強かったり、冷たい物を摂取する機会も多く、体が冷えやすい夏は、むくみを起こしやすい環境でもあります。
むくみを放置してしまうとリンパ管などが圧迫されるため、体内の余分な水分や老廃物は排出されにくい状態に。すると、基礎代謝が低下してしまい、同時に脂肪細胞の燃焼もされにくくなるため、体内に溜まった水分や老廃物と結びつきやすくなります。
脂肪細胞と体内の水分や老廃物が結びつくと、頑固なセルライトが生まれてしまうため、一般に、むくみはセルライトの原因になると言われています。
その日のむくみは、その日のうちに解消しておきましょう。
続きを読む