美容クリームの正しい使い方で乾燥肌対策!

あなたは、美容クリームを上手に使えていますか?

正しい使い方をすることでその効果までアップしてくれる美容クリームですが、使い方をマスターしている人は意外と少ないのです。
正しく使えないと、その効果を十分に感じることができない美容クリーム。

ここでは、ついついやってしまいがちな美容クリームの間違った使い方についてお話します。
> クリーム・乳液一覧を見る

要注意! ついついやってしまいがちな美容クリームの使い方

お肌にすり込むように塗る

クリームをお肌の奥まで塗り込みたいがあまりに、すり込むように塗ってしまうことがありますね。しかし、これはNG。ゴシゴシとこすって塗りこむと、お肌を余計に刺激して肌荒れの原因になってしまいます。美容クリームはすり込まなくともしっかりとお肌の奥まで浸透するようになっているので、お肌を摩擦しないように優しく塗ってくださいね。


使用量が多すぎる・少なすぎる

美容クリームは商品に記載された適量を使うようにしましょう。塗る量が多ければその分お肌に栄養や潤いを多く与えられるわけではありません。お肌の表面にクリームが残ってしまい、べたついて不快な思いをしてしまいますよ。また、あまり量が少なすぎるのも効果を感じにくくなるのでオススメできません。クリームを大事に使いたい気持ちはわかりますが、正しい量を使うようにしましょう。


濡れた肌に塗る/乾燥しきった肌に塗る

洗顔後の顔が濡れた状態でクリームを塗ったら、お肌表面に残った水分を全部閉じ込められると思っている人がいるようですが、それは間違いです。クリームが薄まってしまい、かえって効果を感じにくくなります。きちんと水気を取ってから使うようにしましょう。また、化粧水などを使わずに塗ったり、お肌が完全に乾いている状態で塗っている方もいるようですが、その場合はお肌が乾く前に塗ったほうが効果的です。化粧水がお肌に染み込んだタイミングで、完全に乾いてしまう前にクリームを塗るようにしてくださいね。

要注意! ついついやってしまいがちな美容クリームの使い方

正しい美容クリームの使い方

美容クリームは、正しい塗り方をすれば私たちのお肌の強い味方になってくれます。ぜひ確認しておきましょう。


まず、洗顔して水分を拭い、化粧水で整えた肌にクリームを置いていきます。手に取ったクリームをそのまま顔に伸ばしてしまうと塗りムラができてしまうので、鼻の頭を中心におでこ・頬・顎と5か所に配置してください。この時使うクリームの量は、クリームに記載されている適量を5等分したものです。5か所に配置したら、少しずつ伸ばしましょう。お肌を摩擦しないように、優しいタッチで伸ばしていきます。顔全体に伸ばしたら、両手で顔を包むようにして塗りこんでいきます。こするように塗り込むというよりは、ハンドプレスする感覚で行いましょう。手のひらによってクリームとお肌が温められ、クリームの浸透力がアップします。


日頃の美容クリームの使い方を少し見直すだけで、その効果をより強く感じることができるのです。ぜひ参考にして、美容クリームの底力を引き出しましょう!

> シア エクストラクリーム ライトを見る
正しい美容クリームの使い方
「シア エクストラクリーム ライト」お客様の感想

「シア エクストラクリーム ライト」お客様の感想


“ものすごく軽いつけ心地なのに翌日のお肌はしっとりと柔らかくてビックリしました。香りもすごい良くてリラックスできます。使わない日との差がわかるくらい優秀なクリームです。初めて購入しましたがリピート間違いなしです。”

> シア エクストラクリーム ライトを見る
「シア エクストラクリーム リッチ」お客様の感想

「シア エクストラクリーム リッチ」お客様の感想


“DMで「ライト」のサンプルを頂いたのですが、乾燥が気になったのでこちらを購入。

ライトと比べるとかなり硬めなので、手のひらで暖めてからハンドプレスしてます。テカりやベタつきもさほど気にならずしっかり保湿してくれるので、私にはこちらの方が合っているようです。ちょっともったいないですが、膝やかかとにも使ってます。透明なガラス瓶とロゴ入りの蓋がおしゃれ。使い終わっても取っておこうと思います。”

> シア エクストラクリーム リッチを見る
「シア エクストラクリーム ライト」お客様の感想

「シア エクストラクリーム ライト」お客様の感想


“洗顔後の化粧水(イモーテル)の後、使用しています。夜、つけて寝ると朝しっとりしています。また買おうと思いました。”


“夏でも冬でも関係なく使ってます。匂いも良く癒されます。私には欠かせないアイテムです。”

> シア エクストラクリーム ライトを見る

夏の手肌を守る「夏×ハンドクリーム」の重要性

湿度も高く、汗もかきやすく乾燥とは無縁と思いがちな夏。でも、紫外線や冷房による乾燥など、手肌にダメージを与えることが多いのも事実です。夏と言えども、空調の完備されたオフィスなどでは、手荒れやカサつきを感じてしまったり、保湿ケアが欠かせません。
夏の厳しい環境から手肌を守るためには、丁寧でこまめなケアに気を配りましょう。
うるおいが欲しいとき、リフレッシュしたいときにいつでもサッとハンドクリームを取り出せるように、バッグやポーチにいつもハンドクリームをしのばせておきましょう。
夏のハンドケアの重要性や具体的なケア方法についてご紹介いたします。
続きを読む

ダメージヘア卒業!カラーリングヘアを守るケア術

髪の色は、髪型とともに、その人の雰囲気を左右する大切な要素。シーズンに合わせて明るいカラーにしたり、気分転換にダークカラーにしたり。トレンドに敏感な人は、男女問わずファッションの一部としてヘアカラーまでトータルで考えているはず。
サロン以外でも、気軽にカラーリングはできるので、つい楽しんでしまいがちなヘアカラーですが、髪へのダメージはそのたびに蓄積しています。
せっかくカラーリングでイメージチェンジをしてみても、痛んだ髪の状態では魅力は半減してしまいます。
美しい髪を守るためにも、自宅でできる日頃のヘアケアはとても大切です。カラーリング後のヘアケアが必要な理由と方法について学んでいきましょう。
続きを読む

トラブルになる前に!
Tゾーンの角質ケアを

Tゾーンは皮脂の分泌が多く、テカリや毛穴の開きが起きやすい部分です。
ここに角質が蓄積されてしまうと、毛穴詰まりや角栓の原因になってニキビや黒ずみができてしまうこともあります。
額や鼻は顔の中でも目立ちやすい部分です。いくら綺麗にファンデーションを塗ってメイクをしても、Tゾーンの毛穴が目立っていたりトラブルがあると、お手入れ不足な印象になってしまいます。
日々のスキンケアに角質のケアを取り入れ、透明感がありキメ細やかで陶器のような素肌を目指しましょう。
続きを読む