練り香水の魅力?
香水初心者にもおすすめな練り香水

皆さんは、練り香水をご存じですか?
通常の液体の香水とは違い、クリームや軟膏のようなタイプの容器に入っている固形の香水を「練り香水」と呼びます。あまりポピュラーではないので、使い方がよくわからないという方も少なくありませんよね。
香水にはさまざまな種類がありますが、中でも練り香水は初心者さんでもとても使いやすいフレグランス(香水)なのです。
魅力がいっぱいの練り香水の特徴や、基本的な使い方についてお話しします。
> ソリッドパフューム・練り香水製品一覧を見る



「練り香水」とは?

練り香水とは、通常の香水と同様の香料をオイルやワックスに練りこんで固めたものです。
ボトルや瓶に入った通常の液体の香水はアルコールに香料を溶かしこんで作っているため、その製造法から全く異なるものなのです。

いいことたくさん! 練り香水が初心者さんにオススメな理由


付けすぎの心配がない

液体の香水はスプレーでシュッと吹きかけるタイプなため、量の調節が難しくついついつけすぎてしまうことがありますよね。練り香水ならば量の調節が簡単なので、自分で好きな分だけを好きなところにつけることができます。「いい香りなはずなのに強すぎて…」と思われてしまうことも、もうありません。


肌に優しい

アルコールを使用している液体の香水の場合、肌の弱い方などは肌荒れの原因になってしまうことがあります。その点練り香水はミツロウやホホバオイルなどの肌に優しい成分で作られているため、肌に刺激を与えずに香りを楽しむことができるのです。


持ち歩きに便利

香水初心者の方は「ちゃんと香っているかしら」と不安になることも。小さなパッケージで液体の香水のようにこぼれる心配もない練り香水は持ち歩きにも便利なので、こまめに塗りなおすのも簡単です。パッケージも可愛いものが多いので、メイクポーチが華やぎますね。同じく持ち歩きに便利な香水に、ロールオンタイプのものなどもあります。

いいことたくさん! 練り香水が初心者さんにオススメな理由

練り香水の魅力を引き出す基本の使い方


手首や首筋など体温の高いところに付ける

練り香水を付けるところは、基本的には通常の液体香水を付けるところと同じです。手首や耳の後ろ、腕の内側や首筋などの体温の高いところにつけるようにしましょう。肌が脈打つ度に、ほのかな香りが漂って女性らしさを高めてくれるでしょう。


付ける分量は少なめに

付ける分量には特に決まりはありませんが、べたつくほどの分量は取らず、練り香水の表面を指先でうっすらひと撫でする程度を首筋や手首にすり込みましょう。「物足りないな」と感じたり、時間が経って香りが薄れてくるようだったらこまめに塗りなおしてください。


メリットだらけの練り香水を上手に使って、1日中全身いい香りの女性になりましょう!

練り香水の魅力を引き出す基本の使い方

ローズ ソリッドパフューム


バラの香りをほのかに楽しむ練り香水。

いつでもどこでもほのかな香りを楽しんで。

携帯しやすく、外出先でのつけ直しにも便利。


> ローズ ソリッドパフュームを見る
ローズ ソリッドパフューム
「ローズ ソリッドパフューム」お客様の感想

「ローズ ソリッドパフューム」お客様の感想


“お土産で貰いました。華やかでとてもいい香りです。固形なので液体のように持ち運びでこぼれたり割れたりする心配も無く、便利です。”


“ローズのとてもいい香りがします。元々あったローズの香りも好きでしたがこちらの方がいい香りだと感じました。友達にもいい香り、どこの香水?と聞かれたのでオススメです!”

> ローズ ソリッドパフュームを見る

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む

夏前にチェック!
ガサガサかかとをケアする方法

目に入るたびに気になってはいても、つい見て見ぬふりをしてしまうのが、かかとのケア。
ガサガサ状態のかかとを靴下やストッキングでカバーして、どうにかやり過ごしているという方も多いでしょう。
しかし、これからやってくる夏の季節は素足になる機会も増えるもの。夏らしいオシャレな服に身を包み、素敵なサンダルやミュールで決めても、ガサガサかかとに気づかれてしまったら、ちょっと残念な印象に。
夏のオシャレを存分に楽しみ、女性らしさをキープするためにもガサガサかかとのケア方法をマスターしましょう。
続きを読む

「夏はむくみの季節」
理由と足ケア対策3つ

「夕方になると足がパンパンにむくんでいる」「帰宅時のヒールの靴が窮屈になる」こうした足のむくみに悩む女性は多いもの。
オフィスの空調が強かったり、冷たい物を摂取する機会も多く、体が冷えやすい夏は、むくみを起こしやすい環境でもあります。
むくみを放置してしまうとリンパ管などが圧迫されるため、体内の余分な水分や老廃物は排出されにくい状態に。すると、基礎代謝が低下してしまい、同時に脂肪細胞の燃焼もされにくくなるため、体内に溜まった水分や老廃物と結びつきやすくなります。
脂肪細胞と体内の水分や老廃物が結びつくと、頑固なセルライトが生まれてしまうため、一般に、むくみはセルライトの原因になると言われています。
その日のむくみは、その日のうちに解消しておきましょう。
続きを読む