練り香水の魅力?
香水初心者にもおすすめな練り香水

皆さんは、練り香水をご存じですか?
通常の液体の香水とは違い、クリームや軟膏のようなタイプの容器に入っている固形の香水を「練り香水」と呼びます。あまりポピュラーではないので、使い方がよくわからないという方も少なくありませんよね。
香水にはさまざまな種類がありますが、中でも練り香水は初心者さんでもとても使いやすいフレグランス(香水)なのです。
魅力がいっぱいの練り香水の特徴や、基本的な使い方についてお話しします。
> ソリッドパフューム・練り香水製品一覧を見る



「練り香水」とは?

練り香水とは、通常の香水と同様の香料をオイルやワックスに練りこんで固めたものです。
ボトルや瓶に入った通常の液体の香水はアルコールに香料を溶かしこんで作っているため、その製造法から全く異なるものなのです。

いいことたくさん! 練り香水が初心者さんにオススメな理由


付けすぎの心配がない

液体の香水はスプレーでシュッと吹きかけるタイプなため、量の調節が難しくついついつけすぎてしまうことがありますよね。練り香水ならば量の調節が簡単なので、自分で好きな分だけを好きなところにつけることができます。「いい香りなはずなのに強すぎて…」と思われてしまうことも、もうありません。


肌に優しい

アルコールを使用している液体の香水の場合、肌の弱い方などは肌荒れの原因になってしまうことがあります。その点練り香水はミツロウやホホバオイルなどの肌に優しい成分で作られているため、肌に刺激を与えずに香りを楽しむことができるのです。


持ち歩きに便利

香水初心者の方は「ちゃんと香っているかしら」と不安になることも。小さなパッケージで液体の香水のようにこぼれる心配もない練り香水は持ち歩きにも便利なので、こまめに塗りなおすのも簡単です。パッケージも可愛いものが多いので、メイクポーチが華やぎますね。同じく持ち歩きに便利な香水に、ロールオンタイプのものなどもあります。

いいことたくさん! 練り香水が初心者さんにオススメな理由

練り香水の魅力を引き出す基本の使い方


手首や首筋など体温の高いところに付ける

練り香水を付けるところは、基本的には通常の液体香水を付けるところと同じです。手首や耳の後ろ、腕の内側や首筋などの体温の高いところにつけるようにしましょう。肌が脈打つ度に、ほのかな香りが漂って女性らしさを高めてくれるでしょう。


付ける分量は少なめに

付ける分量には特に決まりはありませんが、べたつくほどの分量は取らず、練り香水の表面を指先でうっすらひと撫でする程度を首筋や手首にすり込みましょう。「物足りないな」と感じたり、時間が経って香りが薄れてくるようだったらこまめに塗りなおしてください。


メリットだらけの練り香水を上手に使って、1日中全身いい香りの女性になりましょう!

練り香水の魅力を引き出す基本の使い方

ローズ ソリッドパフューム


バラの香りをほのかに楽しむ練り香水。

いつでもどこでもほのかな香りを楽しんで。

携帯しやすく、外出先でのつけ直しにも便利。


> ローズ ソリッドパフュームを見る
ローズ ソリッドパフューム
「ローズ ソリッドパフューム」お客様の感想

「ローズ ソリッドパフューム」お客様の感想


“お土産で貰いました。華やかでとてもいい香りです。固形なので液体のように持ち運びでこぼれたり割れたりする心配も無く、便利です。”


“ローズのとてもいい香りがします。元々あったローズの香りも好きでしたがこちらの方がいい香りだと感じました。友達にもいい香り、どこの香水?と聞かれたのでオススメです!”

> ローズ ソリッドパフュームを見る

つらい冬のかゆみ肌に。
乾燥から肌を守る保湿方法

年が明けて、いよいよ冬本番のシーズンとなりました。厳しい寒さや乾燥がより一層気になる冬真っ只中のこの季節は、お肌の乾燥によるかゆみも起こりやすいもの。
これを防ぐためには、日々のホームケアで冬の環境にお疲れ気味のお肌を労わってあげることが大切です。毎日のバスタイムにうるおいチャージやボディケアを取り入れて、つらい乾燥やかゆみをケアしていきましょう。
今回は、冬にお肌にかゆみが出てしまう原因と、そのケア方法についてご紹介いたします。
続きを読む

足元からポカポカに
「足湯」でリラックスタイムを

寒い冬の夜には、お風呂に入って体をじんわりと温めるのが理想ですが、忙しかったり疲れていたりすると、どうしてもお風呂を沸かすのが面倒になってしまうこともあります。
しかし、体を温めないと全身に寒気を感じたり、ベッドに入ってもなかなか寝付けないということもあるでしょう。
そこでおすすめなのが、少量のお湯と洗面器さえ用意すればできてしまう「足湯」です。
足を温めるだけなのでとても手軽にできるのに、終わったあとは体の内側から温まっているように全身がポカポカに。
冬の夜には足湯を取り入れて、明日の活力と美しさにつなげていきましょう。
続きを読む

美しい手をキープするための
ハンドケア方法

洗い物をしたり、料理をしたりと水に触れる機会の多い「手」は、荒れやすく、老化などの影響が真っ先に出るといわれています。
水以外にも「冷たい空気」「洗剤」「紫外線」といった外部からの刺激は多いのです。それにもかかわらず、顔のケアは念入り行うのに対して、手のケアを怠ってしまう方は意外と多いもの。「“手”は口ほどに物を言う」という言葉がありますが、手元のケアをしていると、さらに行き届いている印象になります。
いつまでも美しい手をキープしたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
続きを読む