目の下はとても繊細!今こそ正しいケア方法を。

人の美しさや印象は、目の表情によって大きく変わるものです。
目には大きな表現力があり、他人とのつながりを司ることから、しばしば「魂への窓」と言われます。しかし、目のまわりはとてもデリケート。エイジングサインが早く現われる部分であり、ストレスや疲労も現れやすい。目のたるみや腫れ、くま、しわをケアするには、目元専用のアイテムを使うことが不可欠です。
ここでは、目の表情を若々しく保つためのシンプルなテクニックをご紹介します。

目のまわりに特別なケアが必要なのはなぜ?


目のまわりの皮膚は顔の中で最も薄く、化粧品の刺激、紫外線、環境に影響を受けやすくなっています。

また、他の部分よりも薄くなるのが早いという特徴があります。薄い皮膚はハリや弾力がなくなるのも早いため、エイジングのサインがいち早く現われる場所なのです。結果として、目まわりには専用のケアと注意が必要なのです。


> アイケア製品一覧を見る
目のまわりに特別なケアが必要なのはなぜ?




自宅でできる!目元のリフトアップや明るい表情を作る秘訣

活き活きした目元を作るマッサージ

目の周りを優しくプッシュするマッサージを行うと、アイケア製品の効果をより引き出すことができます。


目の充血やむくみにおすすめのマッサージ: 毎朝このマッサージを行ってから最後に「ディヴァイン アイセラム」を使うことで、アイセラムの効果をより感じられることでしょう。

まず指を眉頭に置き、眉毛の上を外側に向かって動かしていきます。次に、再び指を眉頭に置き、目のくぼみに沿って動かしていきます。


> ディヴァイン アイセラムを見る
video player 活き活きした目元を作るマッサージ

目元ケアで覚えておきたい黄金ルール

1

1

目元専用のケア製品を使いましょう。目の周りには、ザラザラするテクスチャーは適していないので避けましょう。

> ディヴァイン アイセラムを見る
2

2

毎日、自分のニーズに合ったアイケアクリームを使いましょう。肌を保護しつつ、若々しい表情へと導いてくれます。

> アイケア製品一覧を見る
3

3

アイメイクを落とすときはコットンを使いましょう。擦るなど過度の刺激を与えてはいけません。

> クレンジング・洗顔製品一覧を見る
4

4

外出時のサングラスは大きめのものを選びましょう。目はもちろん、目の周りの皮膚も紫外線から守ってくれます。

5

5

肌にみずみずしいハリを保つには、1日に250~300mlの水を飲みましょう。

6

6

フレッシュジュースを飲むのもおすすめです。セロリ、レモン、ほうれん草、キュウリのミックスジュースは、ビタミン、ミネラル、酵素が豊富。体に元気を与えてくれるほか、目が腫れぼったいときにも。

8

8

十分な睡眠をとりましょう。寝不足は肌の衰えの原因になります。

7

7

塩分を控えるようにしましょう。塩分は水分を溜め、目のたるみを助長することもあります。

9

9

睡眠中の頭の位置を高くしましょう。仰向けになり、枕を重ねてみることで、目の下の水分を流すことができます。

体の芯からぽかぽかに
「温活」のすすめ

冬だけに限らず1年を通して冷え性に悩む女性は多いものです。
体の冷えを放置してしまうと血行不良が起こって肌トラブルや肩こり、便秘、睡眠不足など美容や健康に大きなダメージを及ぼします。
そんな女性にとって大敵ともいえる体の冷えを解消するためには、日々の生活の中で“温活”を取り入れるのがおすすめです。
温活はちょっとした意識の改善や、普段の生活にひと手間プラスするだけで誰でも気軽に始めることができます。
体を芯からぽかぽかと温めてくれる“温活”の方法をご紹介いたします。
続きを読む

恋の季節到来。
彼氏が喜ぶプレゼントって?

恋する季節バレンタイン。
毎年、恒例行事のように仲良く過ごしているカップル、今年一緒にバレンタインを迎えるのが初めてのカップルなど、恋人たちの数だけバレンタインのカタチも変わるものです。
女性から意中の男性へチョコレートを贈るのが日本では一般的とされていますが、中には甘いものが苦手な男性もいるでしょう。
また、「甘くおいしいチョコレートと一緒に、別のプレゼントも渡したい」と考えている女性も多いはず。
そこで今回は、愛する彼へ贈りたいロクシタンの優しさがたっぷり詰まった、バレンタインにぴったりのメンズギフトをご紹介いたします。
続きを読む

足元からポカポカに
「足湯」でリラックスタイムを

寒い冬の夜には、お風呂に入って体をじんわりと温めるのが理想ですが、忙しかったり疲れていたりすると、どうしてもお風呂を沸かすのが面倒になってしまうこともあります。
しかし、体を温めないと全身に寒気を感じたり、ベッドに入ってもなかなか寝付けないということもあるでしょう。
そこでおすすめなのが、少量のお湯と洗面器さえ用意すればできてしまう「足湯」です。
足を温めるだけなのでとても手軽にできるのに、終わったあとは体の内側から温まっているように全身がポカポカに。
冬の夜には足湯を取り入れて、明日の活力と美しさにつなげていきましょう。
続きを読む