目の下はとても繊細!今こそ正しいケア方法を。

人の美しさや印象は、目の表情によって大きく変わるものです。
目には大きな表現力があり、他人とのつながりを司ることから、しばしば「魂への窓」と言われます。しかし、目のまわりはとてもデリケート。エイジングサインが早く現われる部分であり、ストレスや疲労も現れやすい。目のたるみや腫れ、くま、しわをケアするには、目元専用のアイテムを使うことが不可欠です。
ここでは、目の表情を若々しく保つためのシンプルなテクニックをご紹介します。

目のまわりに特別なケアが必要なのはなぜ?


目のまわりの皮膚は顔の中で最も薄く、化粧品の刺激、紫外線、環境に影響を受けやすくなっています。

また、他の部分よりも薄くなるのが早いという特徴があります。薄い皮膚はハリや弾力がなくなるのも早いため、エイジングのサインがいち早く現われる場所なのです。結果として、目まわりには専用のケアと注意が必要なのです。


> アイケア製品一覧を見る
目のまわりに特別なケアが必要なのはなぜ?




自宅でできる!目元のリフトアップや明るい表情を作る秘訣

活き活きした目元を作るマッサージ

目の周りを優しくプッシュするマッサージを行うと、アイケア製品の効果をより引き出すことができます。


目の充血やむくみにおすすめのマッサージ: 毎朝このマッサージを行ってから最後に「ディヴァイン アイセラム」を使うことで、アイセラムの効果をより感じられることでしょう。

まず指を眉頭に置き、眉毛の上を外側に向かって動かしていきます。次に、再び指を眉頭に置き、目のくぼみに沿って動かしていきます。


> ディヴァイン アイセラムを見る
video player 活き活きした目元を作るマッサージ

目元ケアで覚えておきたい黄金ルール

1

1

目元専用のケア製品を使いましょう。目の周りには、ザラザラするテクスチャーは適していないので避けましょう。

> ディヴァイン アイセラムを見る
2

2

毎日、自分のニーズに合ったアイケアクリームを使いましょう。肌を保護しつつ、若々しい表情へと導いてくれます。

> アイケア製品一覧を見る
3

3

アイメイクを落とすときはコットンを使いましょう。擦るなど過度の刺激を与えてはいけません。

> クレンジング・洗顔製品一覧を見る
4

4

外出時のサングラスは大きめのものを選びましょう。目はもちろん、目の周りの皮膚も紫外線から守ってくれます。

5

5

肌にみずみずしいハリを保つには、1日に250~300mlの水を飲みましょう。

6

6

フレッシュジュースを飲むのもおすすめです。セロリ、レモン、ほうれん草、キュウリのミックスジュースは、ビタミン、ミネラル、酵素が豊富。体に元気を与えてくれるほか、目が腫れぼったいときにも。

8

8

十分な睡眠をとりましょう。寝不足は肌の衰えの原因になります。

7

7

塩分を控えるようにしましょう。塩分は水分を溜め、目のたるみを助長することもあります。

9

9

睡眠中の頭の位置を高くしましょう。仰向けになり、枕を重ねてみることで、目の下の水分を流すことができます。

ヴァーベナの 香り?
大注目のヴァーベナとは!?

ロクシタンのアイテムの中で、その香りの良さとスキンケア効果が高く評価されて人気の「ヴァーベナ」。

すでにお使いの方もいると思いますが、実際このヴァーベナの特徴はどういったものなのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、人気上昇中の「ヴァーベナ」の効果や香り、特徴について詳しくご紹介していきます!
続きを読む

梅雨のお悩みナンバーワン
「ボサボサ髪」の対策術

ムシムシとした暑さと湿気が不快感を与えてくる梅雨シーズン。
厚い雲で覆われた空模様と同じように、気分もどんより暗くなってしまうことも。
とくに、梅雨シーズンの高い湿度は気分だけでなく「髪」にも影響を与えます。
クセや、広がりやゴワつきが気になるなど、いつもよりもヘアセットに悩む方も多いでしょう。このような髪のお悩みを解決するには、日頃のヘアケアがカギを握ります。
シャンプーやヘアマスクの基本的なケアから、ドライやスタイリングなどの応用ケアまでをしっかりと学んで、梅雨の湿気に負けない髪を作りましょう。
続きを読む

スポーツ後のお疲れボディを癒す。
疲労回復のマッサージ術

ランニングやテニスなど、澄み渡った青空の下で汗をかきながらスポーツをするのは、気持ちがいいものです。
思い切り体を動かすと、心のリフレッシュができることはもちろん、健康や美容にも嬉しい効果が期待できます。
しかしその一方で、久々に体を動かすと体に疲労を感じることもあります。スポーツ後の疲れを後に残さないためにも、頑張って働いてくれた筋肉をほぐしてあげましょう。
続きを読む