ピオニー

神さまに愛されていた、美しい妖精ピオニア。
うらやんだ女神が、ある日。一輪の花にかえてしまいました。
妖精からうまれた花、ピオニー。
千の花びらが響きあうように、香り立つ。
忘れられないのは、心に残った妖精を探し続けるから。


True Story of Peony
 
ピオニーの香調イメージ width=

ピオニーの香調

遠い昔、神は “ピオニア”という名の妖精を大変可愛いがっていました。
ピオニアは、優雅で美しく、誰もが心を奪われる妖精でした。
ある日、それに嫉妬した女神は、ピオニアに魔法をかけ千の花びらをもつ花へと姿を変えてしまいました。
そして、誕生したのが『ピオニー』だと言われています。
以来この美の象徴である花は春になると、眩いばかりの香りと色のショーで人々の心を輝かせています。

[ 香調:フローラルグリーン ]
[ 香りの印象 ]
◆ヘッドノート
ベルガモット
グレープフルーツ
◆ハートノート
ピオニー
ローズ
◆ベースノート
サンダルウッド
並び替え