カサカサ唇を防ぐヒミツをご紹介!
艶やかな美を守るリップケア

唇は皮膚が薄く、とてもデリケートな部位。
秋冬といった季節にはひび割れてしまう、皮がめくれてリップのノリが悪くなってしまうという方も多いのではないでしょうか。 実は、唇の乾燥の原因は気候だけではありません。
今回は、女性らしく、うるおいのある唇を手に入れる方法についてお話しします。
> リップケア製品一覧を見る



唇のカサカサが進行する主な原因

唇の乾燥には、生活習慣・唇の皮脂環境・体質。以上の3つが関係していることがほとんどです。
ここで、それぞれが唇の乾燥に繋がる理由を紹介します。

生活習慣

生活習慣からくる唇の乾燥には外・内側両方の刺激が関係しています。外からの刺激で代表的なのは、紫外線の刺激や口呼吸。またはルージュやグロスの成分といったメイクの負担によるもの。そして内側からの原因としてビタミンや水分の不足が挙げられます。

リップケアをしているにも関わらず唇の乾燥が改善されないという方は、UVケアができるリップクリームの使用、口呼吸などのクセの改善、また食生活の見直しなどをしてみましょう。


唇の皮脂環境

全身には皮脂腺という皮脂を分泌する場所が存在し、水分の蒸発を防ぐために肌に油の膜を作っています。しかし、唇には皮脂腺や汗腺がなく、皮脂膜が形成されません。皮脂膜がないために肌のバリア機能が弱く、刺激を受けるとすぐに乾燥が進んでしまいます。


体質による乾燥

もともと皮膚自体が刺激に弱いという場合は唇も外からの影響を受けやすくなってしまいます。体質によりカサカサ唇が進行しやすい人は、生活習慣に気を付けていても体調次第で唇が乾燥してしまうことも少なくありません。

生活習慣に問題がなく、リップケアをしていても唇の乾燥が改善されないという方は、皮膚科など専門の人に相談してみるのもひとつの方法です。



カサカサの唇を潤す正しいリップケア

唇のカサカサは、さまざまな要因で引き起こされてしまいます。艶やかで思わず見とれてしまうような口元を手に入れるには、唇へのうるおい補充は必要不可欠。
繊細な唇を守るためにも、次のようなリップケア方法でしっかりと保湿を行いましょう。 

リップクリームの選び方に注意

リップの成分は、より自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。低刺激で肌に馴染みやすいものがオススメです。ブランドや天然素材などにこだわり過ぎず、とにかく自分の肌に合うものを使用するよう心がけてください。


縦塗りで乾燥のスキを作らない

唇は、横ではなく縦にシワが刻まれています。塗るときのポイントは、縦方向にスティックを滑らせること。シワにまでしっかりとクリームが浸透します。このとき、強くこすると摩擦が皮膚へ負担をかけてしまうので注意が必要です。


夜はスチーマーとリップクリームで完璧な保湿

入浴後の唇ケアは、徹底的な保湿で朝まで唇を乾燥させないよう保湿を徹底しましょう。美顔器やスチーマーを使用して蒸気で唇を温め、その後薄くリップクリームを縦塗りしてください。厚塗りをすれば保湿力も上がるというわけではないので、うるおいにフタをするイメージで適量を伸ばすように意識しましょう。


朝はリップクリームパックでバリアを

朝の唇ケアは、1日酷使する唇を保護するために欠かせません。洗顔後に化粧水や乳液で顔全体の保湿を行ったら、リップクリームを多めに唇に塗りラップで口元を覆いましょう。そのまま他の部位のメイクを済ませ、終わったら余分なリップクリームを軽くふき取って完了。このひと手間を取り入れるだけで、うるおった唇を一日キープすることができますよ。

繊細で刺激に弱い唇は、カサカサになる前のうるおい補充が欠かせません。目を引く乾燥しらずの唇を手に入れて、すてきな笑顔で毎日を過ごしましょう。

うるおいのある唇は、最高の笑顔をつくる


 シアで本気のリップケア。

 ひと塗で、うるおいに満ちた、健康的な唇に。


> シア リップバームを見る
うるおいのある唇は、最高の笑顔をつくる
「シア リップバーム」お客様の感想

「シア リップバーム」お客様の感想


“プレゼントでいただいて使いはじめました。

スティックタイプのリップクリームしか使ったことがなかったのでぺったりする感じに驚きましたが、その分しっかり保湿されているようで、その年の冬は唇の荒れがかなり解消されました。

シアのハンドクリームに比べて香りが少し甘めな気がして、私はこの香りも好きです。”

> シア リップバームを見る
お客様の感想

お客様の感想


「ローズ リップバーム」について

“友達の誕生日プレゼントと自分用に予約注文しました。とても良いです。手離せません‼”


「チェリーブロッサム リップバーム」について

“チェリーブロッサムの香りはとても気に入っていて、以前から愛用しています。リップバームもほんのり甘く、つけた時に香りが広がって気分が上がります”

> リップケア製品一覧を見る
「ヴァーベナ リップバーム」お客様の感想

「ヴァーベナ リップバーム」お客様の感想


“気持ちいい使いこごちでした。”


“私は匂いの強いのが苦手なのですが、この商品はヒンヤリ感があり、少しの量で唇がプルプルになりました。追加で3本も購入してしまいました。”

> ヴァーベナ リップバームを見る

夏の手肌を守る「夏×ハンドクリーム」の重要性

湿度も高く、汗もかきやすく乾燥とは無縁と思いがちな夏。でも、紫外線や冷房による乾燥など、手肌にダメージを与えることが多いのも事実です。夏と言えども、空調の完備されたオフィスなどでは、手荒れやカサつきを感じてしまったり、保湿ケアが欠かせません。
夏の厳しい環境から手肌を守るためには、丁寧でこまめなケアに気を配りましょう。
うるおいが欲しいとき、リフレッシュしたいときにいつでもサッとハンドクリームを取り出せるように、バッグやポーチにいつもハンドクリームをしのばせておきましょう。
夏のハンドケアの重要性や具体的なケア方法についてご紹介いたします。
続きを読む

ダメージヘア卒業!カラーリングヘアを守るケア術

髪の色は、髪型とともに、その人の雰囲気を左右する大切な要素。シーズンに合わせて明るいカラーにしたり、気分転換にダークカラーにしたり。トレンドに敏感な人は、男女問わずファッションの一部としてヘアカラーまでトータルで考えているはず。
サロン以外でも、気軽にカラーリングはできるので、つい楽しんでしまいがちなヘアカラーですが、髪へのダメージはそのたびに蓄積しています。
せっかくカラーリングでイメージチェンジをしてみても、痛んだ髪の状態では魅力は半減してしまいます。
美しい髪を守るためにも、自宅でできる日頃のヘアケアはとても大切です。カラーリング後のヘアケアが必要な理由と方法について学んでいきましょう。
続きを読む

トラブルになる前に!
Tゾーンの角質ケアを

Tゾーンは皮脂の分泌が多く、テカリや毛穴の開きが起きやすい部分です。
ここに角質が蓄積されてしまうと、毛穴詰まりや角栓の原因になってニキビや黒ずみができてしまうこともあります。
額や鼻は顔の中でも目立ちやすい部分です。いくら綺麗にファンデーションを塗ってメイクをしても、Tゾーンの毛穴が目立っていたりトラブルがあると、お手入れ不足な印象になってしまいます。
日々のスキンケアに角質のケアを取り入れ、透明感がありキメ細やかで陶器のような素肌を目指しましょう。
続きを読む